スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)

 外国人への地方参政権付与や夫婦別姓に反対する女性を中心とした市民団体「日本の子供の未来を・守る会」(本部・福岡県)が7日、東京支部を発足させ、都庁で発足の会見を開いた。

 淡路若代東京支部代表は「民主党政権下で進められている政策は家庭を守る主婦として納得がいかない」とした上で、外国人参政権や夫婦別姓について、「都民に現状を正しく知らせなければ取り返しのつかないことになる」と訴えた。

 会は2月に発足。全国20支部に拡大している。東京支部には約250人の会員がおり、うち9割が女性だという。東京支部では今後、街頭活動のほか区市町村に、外国人参政権や夫婦別姓の賛否を問うアンケートを実施するとしている。

<築地市場>マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)
首相動静(3月29日)(時事通信)
よど号事件40年 「明日のジョー」はいま…(産経新聞)
<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)
<長瀞ライン下り>春の渓谷美を満喫 埼玉 (毎日新聞)

築地市場移転問題 民主、修正案を撤回し都予算案を可決(産経新聞)

 東京都議会の予算特別委員会は28日未明、築地市場の移転関連予算が盛り込まれた中央卸売市場会計予算案について、共産党の修正案を否決し民主と自民、公明の主要会派の賛成で原案を可決した。これにより、移転計画の中断が回避された格好だ。一方、都が同年度中の用地取得を目指す方針であることも分かった。

 24日に移転関連予算1281億円のうち用地取得費1260億円を削除する修正案を発表した都議会最大会派の民主と、自公が妥協点を探り交渉。25、26の両日、総括質疑が延期され議会が空転。民主が付帯決議に主張を盛り込むことで修正案を撤回した。

 総括質疑では、民主都議の質問に、石原慎太郎知事は「議会が再整備を検討し、業界の大多数が納得する案を検討した結果は真(しん)摯(し)に受け止めたい」と答弁。自民都議には「築地の状況を考えると豊洲移転が最適の道」と改めて強調した。

 付帯決議には、都が担当幹部を配置して議会と再整備を検討することや豊洲の土壌汚染除去の技法が確認されるまで、用地取得費の執行を停止することなどが盛り込また。民主は、移転先の豊洲地区で高濃度の有害物質が検出されたことで、移転に反対し現在地再整備を主張していた。

【関連記事】
「正当な議会運営とはいえない」都知事、空転続きの予特委終了後に都議会民主を批判
「八ツ場ダム撤退考えていない」 石原都知事、声荒らげ答弁
赤松農水相が移転問題の築地市場視察 「柔軟に考える」
新住民対策 超高層“城攻め”も攻略法に苦慮
築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

司法試験合格「年1千人に減を」 兵庫県弁護士会、西日本初の決議(産経新聞)
殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)
【風】「やる気あれば学力身につく」(産経新聞)
日米同盟発言の連隊長処分を批判=2中隊長を注意、指導−防衛省(時事通信)
無償化除外を批判した兵庫知事などに脅迫状(産経新聞)

独法人件費アップを否定=一部報道「誤報だ」−近藤経産政務官(時事通信)

 「事実上の誤報だ」−。経済産業省の近藤洋介政務官は29日の記者会見で、所管する独立行政法人の都内への移転計画について「年間人件費1兆8000億円増」などと伝えた一部報道を否定した。厳重抗議などを検討する方針を示した。
 問題となった報道は、「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」が川崎市から都内に移転する計画の実行に伴い、役職員の手当が上積みされて人件費が膨らむという内容。 

【関連ニュース】
首相・外相らがガス田で協議
調書漏えい事件報道で和解=NHKが解決金支払い
トヨタ、癒着疑う報道否定=実験参加の准教授との関係
三宅島空港でも気圧値誤報=航空機着陸には影響せず
初のガソリン投信、東証上場へ=英運用大手が商品系14本

前田日明氏の出馬取りやめに(産経新聞)
首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)
児童ポルノサイト、リスト化して閲覧防止へ(読売新聞)
裁判員の現場まだ試行錯誤…25日で全国一巡(読売新聞)
離婚直後に元妻絞め殺す 逃走していた40歳男が自首 茨城(産経新聞)

<地下鉄サリン15年>遺族、首相らが献花 健康被害なお(毎日新聞)

 95年に起きた地下鉄サリン事件から、20日で15年を迎えた。犠牲者が出た東京メトロ6駅では同日朝、慰霊の行事が開かれ、遺族らが献花台に花を手向けた。東京都千代田区の霞ケ関駅では、鳩山由紀夫首相ら与党幹部も手を合わせ、事件の再発防止を誓った。

【特集】忘れない:『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)

 霞ケ関駅では、事件発生とほぼ同時刻の午前8時、駅員23人が黙とうをささげた。事件当日、本社で被害情報の収集に当たったという高根沢新治・霞ケ関駅務管区長(55)は「当時、体が震える思いをした。事件を風化させることなく、危機意識を持ってお客様の安全を守ろうと社員に伝えている」と語った。

 献花台には午前から、遺族や事件に巻き込まれた被害者らが姿を見せた。同駅助役だった夫の高橋一正さん(当時50歳)を亡くした妻シズヱさん(63)は霞ケ関駅で白や黄色のキクの花を供えた。

 シズヱさんは「15年を非常に長く感じている。被害者救済法ができ、被害の実態も分かってきた。苦労も報いられているのかなと思うが、それが私たちのゴールではない。健康被害は今も続いている」と話し、国や都に治療体制の整備や被害者対策の充実を求めた。

 献花をした前原誠司・国土交通相は「13人のご冥福をお祈りし、テロ対策を含めた交通安全に万全を期すと誓った」と述べた。

 オウム真理教の上祐史浩元代表が代表を務める宗教団体「ひかりの輪」はホームページで「被害者や遺族の方々に心よりおわび申し上げます」と上祐元代表名のコメントを掲載した。未払い賠償金については「お支払いを心して続けさせていただきます」としている。【山本将克】

 【ことば】地下鉄サリン事件

 オウム真理教が、警察の強制捜査を回避しようと東京都心の地下鉄に猛毒サリンをまいた無差別テロ事件。95年3月20日午前8時ごろ、信者5人が営団地下鉄(現東京メトロ)霞ケ関駅に向かう日比谷、丸ノ内、千代田3路線の5電車内に散布。乗客、駅員ら13人が死亡、約6300人が負傷した。関与したとされる教団幹部では、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(55)ら7人の死刑が確定。警視庁は高橋克也(51)、菊地直子(38)両容疑者について殺人と殺人未遂容疑で指名手配し、捜査を続けている。

【関連ニュース】
地下鉄サリン:15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」
地下鉄サリン:死者1人増え13人 警察庁が再調査
東京消防庁:地下鉄でテロ対策訓練 サリン事件から15年
地下鉄サリン:遺族が関係者取材、映像に 20日で15年

<高校無償化>負担増の低所得世帯も 団体費の減免外れて(毎日新聞)
警察手帳4冊を紛失=退職予定者から預かり保管中−兵庫県警(時事通信)
<平等院鳳凰堂>壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」(毎日新聞)
「キンドル」のベストセラー 「無料書籍」ばかりのカラクリ(J-CASTニュース)
<ひき逃げ容疑>100メートル引きずり、はねる 女逮捕(毎日新聞)

経産省に「韓国室」=EPA交渉、企業リサーチも(時事通信)

 経済産業省は19日、4月1日付で「韓国室」を設置することを明らかにした。両国の経済連携協定(EPA)の交渉再開に向けた協議を本格化させるほか、電機などの産業分野で世界的に躍進する韓国企業のリサーチなどが狙い。同省で、一国を主な対象に貿易や産業政策を担う部署を置くのは異例。
 人員は4〜5人となる予定で、省令改正などの手続きを進めている。日韓EPA交渉は2003年に開始、双方の利害が折り合わず中断していたが、交渉再開に向けて検討を始めることで両国は合意している。 

【関連ニュース】
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示
看護師・介護士試験見直しへ=外国人向けに難解語言い換え
日韓EPA交渉の再開模索へ=鳩山首相が関心、こう着打開目指す
「温暖化対策」連携で合意=日・デンマーク首脳会談
日本企業、情報収集急ぐ=大地震のチリに約50社進出

首相動静(3月17日)(時事通信)
公益法人への負担金見直しを=事業仕分け、行政刷新相と会談−橋下知事(時事通信)
<皇太子ご夫妻>愛子さま学校問題「心を痛めております」(毎日新聞)
神崎、坂口両氏引退へ=衆院任期前に−公明(時事通信)
乳児殺害の母、「首絞めてしまう」と3日前相談(読売新聞)

星が盛んに生まれる銀河=初期宇宙の解明期待−国際チーム(時事通信)

 地球から約100億光年も離れた銀河では、地球がある天の川銀河(銀河系)より約100倍も速いペースで、新たな恒星が次々に生み出されている可能性が高いことが分かった。英ダラム大などの国際研究チームが、最先端の望遠鏡で観測に成功し、英科学誌ネイチャー電子版に22日発表した。
 宇宙は137億年前にビッグバンで誕生したと考えられており、観測成果は初期の宇宙の形成過程を探るのに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
すばる後継や古典基盤整備を=大型研究計画43件提言
「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機

<外交文書>政務三役が開示判断へ(毎日新聞)
首相、年金記録回復促進法案に意欲 参院予算委が社会保障・雇用で集中審議(産経新聞)
52歳小学教諭が卒業式練習で暴言「6年生は粗大ゴミ」(スポーツ報知)
チッソも受け入れの可能性=水俣病和解案で−小沢環境相(時事通信)
佐賀大 ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)

<強制わいせつ>容疑の警官逮捕 福岡(毎日新聞)

 福岡県警は12日、女子高生の体を触ったとして県警小倉南署総務課巡査部長、住吉英二容疑者(31)を強制わいせつ容疑で緊急逮捕した。県警によると、この日は非番で容疑を認めている。現場付近で類似の事件も起きており余罪を追及する。

 逮捕容疑は同日午後1時35分ごろ、北九州市戸畑区の建物敷地内で、徒歩で帰宅途中の女子高生(16)に抱きつき、体を触るなどしたとしている。女子高生が悲鳴を上げたため逃走した。

 女子高生は帰宅後「いたずらをされた」と話し、家族が110番。県警戸畑署員が、現場から約300メートル離れた路上で服装などから住吉容疑者を見つけて取り押さえたところ「もう逃げません」と観念したという。

【関連ニュース】
青森強盗強姦:1審支持 2審も実刑判決 仙台高裁
NHK:強制わいせつで有罪の職員 懲戒免職に
教員免許:失効知らず講師採用 三重の県立高
準強姦未遂容疑:防衛大学生3人を逮捕 自衛隊・警務隊
わいせつ:筑波大院元教授に有罪判決 水戸地裁支部

阪神なんば線開業1年 商機つないだ新線力 百貨店・ホテル・大学潤う(産経新聞)
歴代首相の招致要求をけん制=自民・大島氏(時事通信)
期限切れワクチン接種=小学生4人に−前橋市(時事通信)
二審は賠償減額=北の湖八百長報道−東京高裁(時事通信)
献金事件、検察審査会議決なら裁判応じると首相(読売新聞)

痴話げんかの末、女性に火を付けた男逮捕 大阪(産経新聞)

 交際相手の女性と口論になり、無理心中を図って自宅の床に火を付けて女性に重傷を負わせたとして、大阪府警西署は12日、殺人未遂と現住建造物等放火容疑で、大阪市西区靱本町の建装工、古川実容疑者(45)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、11日午前4時50分ごろ、自宅マンションの床にシンナーをまいてライターで火を付け、部屋にいた交際相手の無職女性(25)を殺害しようとした、としている。火は女性のズボンに燃え移り、女性は両足に重傷を負った。

 西署によると、2人は女性の携帯電話にほかの男性からの着信履歴があったことから口論になったという。古川容疑者は当初「(女性を)殺して自分も死のうと思った」と供述したが、その後は「覚えていない」などと容疑を否認しているという。

【関連記事】
ワインボトルで殴り知人死なす 傷害致死容疑で男逮捕
クラクションに立腹、暴行死させた男を逮捕
「ごめんね。パパママより」メモ残した不明の夫、妻殺害容疑で逮捕
後絶たぬストーカー殺人 いまだに多い「相談受けたが捜査せず」
加藤夏希、女優生命どうなる?ドロドロスキャンダル
20年後、日本はありますか?

過去に朝鮮学校排除の閣議決定があった…高校無償化で論議必至(産経新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
<漢検協会>新理事長に池坊保子さんを内定(毎日新聞)
天皇陛下 東ティモール大統領と会見(毎日新聞)
武田薬品とノバルティスがトップ―製薬企業イメージ調査(医療介護CBニュース)

与謝野氏側近、火消し躍起 政権交代目的、舛添氏は同調(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は8日、与謝野馨元財務相が党執行部の一新を求めている問題をめぐり、党本部で与謝野氏に近い園田博之幹事長代理から事情を聴いた。園田氏は「(与謝野氏と)同感だ」と述べ、平成22年度予算案の年度内成立をすんなり許すような執行部の運営に強い不満を示した。ただ「与謝野氏は執行部を代えることまで求めていない。このまま民主党政権が続けば日本がつぶれるとの気持ちが高じてのことだ」と述べ、政権交代が目的で、党内の権力闘争のためではないことを伝えた。

 大島氏は近く同氏とも会談する意向を伝えたが、園田氏は「話し合いで収まるものでもないし、ポストを与えて済むような話でもない」と、現状で両者が会談しても問題の解決は期待できないとの考えを示した。

 これに対し、谷垣禎一総裁は8日夜、「党内抗争は昨年の衆院選で敗北した最大の原因だった」と、与謝野氏を改めて牽制(けんせい)した。

 一方、「谷垣降ろし」に言及してきた舛添要一前厚生労働相は同日、国会内で記者団に対し、与謝野氏に「同じ問題意識で発言し、行動している」と一定の理解を示した。また「百家争鳴でいろいろな意見が出るのは自民党自体の発言力や発信力を増すので党にとってプラスだ」とも述べた。

 参院選前の政界再編に言及している中川秀直元幹事長は、「支持率や人、(党の)顔より、政策、理念の旗を立てることが一番大事だ」と、与謝野氏に否定的な考えを示した。

<悪天候>東日本や北日本で大雪などの恐れ 11日にかけて(毎日新聞)
<自己破産>北海道のタツル総業 故中川氏親子の後援会幹部(毎日新聞)
普天間移設「最終調整案は複数に」 防衛相が見通し(産経新聞)
<掘り出しニュース>トマトフェスで巨大トマト鍋(毎日新聞)
<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)

ラン 大量廃棄に疑問…温度差利用し再び開花 山梨の業者(毎日新聞)

 祝い事に欠かせない華やかなコチョウランの鉢植え。しかし、花が枯れると置き場に困ってしまう。それを引き取り、再び咲かせて返す全国初の「リサイクル」を、4月から山梨県中央市の「松村洋蘭」が始める。社長の松村秀彦さん(44)は「大量廃棄が前提の大量栽培に疑問を持っていた。ランの魅力に少しでも長く触れてほしい」と話す。

【コチョウラン】ミニサイズが人気 ホワイトデーにいかが?

 きっかけは05年春、高齢の女性からの電話だった。「孫が誕生日に買ってくれたお宅のランが終わってしまった。もう一度咲かせられませんかね」

 コチョウランの花が持つのは2カ月ほど。専門家でないと維持管理が難しく、やがて葉も枯れてしまう。初の試みだったが、松村さんは鉢を引き取った。

 コチョウランは温度差をつけると早く成長する。5カ月間、昼は気温25度の温室、夜は20度以下に保った部屋に入れ、鉢の中身をミズゴケから木のチップに替えて根が水を吸いやすくした。10カ月後に花が咲き、女性は「誕生日にまた孫を呼べます」と涙を流した。

 松村さんは「これがおれたちの仕事だと思いましたね」と振り返る。花の再生技術の改善などに4年をかけ、事業化のめどをつけた。対象とするのはICタグを付けた同社出荷のラン。タグには再生に必要な品種・出荷日・出荷先が記録され、この情報をもとに客から送られたランを10カ月ほどかけて再び開花させる。

 「Re(り)蘭(らん)システム」と名付け、とりあえず1万5000〜3万円の高級品に導入する。花の再生料金はその半額。松村洋蘭のホームページ(http://m‐youran.com/pg77.html)。【春増翔太】

【関連ニュース】
<リサイクル>段ボールだけで作られた「遊園地」にぎわう
<連載・捨てないで>豚の餌にリサイクル
<バナナ・テキスタイル・プロジェクト>バナナの茎を再利用
<シブカサ>捨てられるビニール傘、街角で再利用

【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(5)アメリカが変えた日本(産経新聞)
非核と抑止力、どう両立=密約「清算」なお課題(時事通信)
今年のアカデミー賞を占う 「アバター」「ハート・ロッカー」事実上の一騎打ち(産経新聞)
海老蔵さん、真央さん結婚(時事通信)
操縦室デジカメ撮影 スカイマーク、立ち入り検査(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
債務整理 無料相談
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
無料ホームページ
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM